広告

肉が食べたくて バーベキューコンロ を買ってみた。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ(焚火台)

バーベキューコンロ を買ってみた。

理由は、僕はお肉を食べるのが好き。

とくに焼肉。
いっぱい食べたい。

でもお店で食べるとお金がかかるんだよね…。

安くいっぱい食べられないものかな?

 

いや待てよ。

 

冷静に考えると、スーパーとかで肉を買って家で焼肉をすれば安く済む。
名案だ。

 

でも家で焼肉をやるとしばらくニオイが残ってしまう。
それもそれでなんかヤダなぁ…。

 

そうか!外で肉を焼けばいいのだ!
これこそ名案だ!

 

アウトドアだ!
バーベキューだ!

 

というコトで、太陽の光よりテレビの光の方が大好きな僕ですが、肉食べたさでアウトドアに挑戦することにしました!

 

初心者でも手軽にバーベキューをするには?

今でこそインドア派の僕だけど、学生の頃には野外活動とかでバーベキューしてましたよ!

何よりも田舎育ちの僕。

中学校くらいまでウチではご飯もお風呂も「薪」でたいてました。

毎日がアウトドアみたいな生活を送っていたので、バーベキューくらいできるわ!

 

とはいうものの何を用意したらいいものやら…。

 

そうだ!肉を焼くんだから火を焚くやつ!
思いついたのはバーベキューコンロ。

 

Amazonで見てみたら結構あってビビった。

Amazonでバーベキューコンロを検索して見た結果。
Amazonでバーベキューコンロを検索して見た結果。

目移りしてしょうがない。
見たことあるヤツから、初めて見るものまで、高いの安いのいっぱいだ。

  • 一般的なバーベキューコンロ。
  • 海外ドラマに出てきそうな グリル 。
  • しちりんっぽいもの。
  • 折りたたみ式の カマドタイプ 。
  • 焚き火台 。

おや? 焚き火台 ってなんだ?

バーベキュー、焚火、ダッチオーブンが楽しめる1台3役のアウトドアコンロだって?!

 

ほう。

良さそうじゃないか!

 

バーベキューだけじゃなく他の使い道もできるわけだ。

それにコレ、なんだか後片付けも楽そうだな。

 

価格もお手頃なので気が付いた時には、もうポチっとしてました。

 

1台3役の バーベキューコンロ を買ってみた。

今回手に入れたのは「キャプテンスタッグ・バーベキューコンロ・焚火台・ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付」

ステンレス製の折りたたみ式焚火台。

専用のキャリーバッグまで付いている。

 

ダッチオーブンまで使えるのはニクいね。

 

てかダッチオーブンか…。

ダッチオーブンも気になるな。

ちょっとメモしておこう。

 

とりあえず当初の目的であるコンロは手に入れた。

焚火台と一緒に使うと便利そうだったので「トライン」とかいう三脚も一緒に購入。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

 

あと机的なものも欲しかったので「ファイアグリルテーブル」なるものも一緒に。

キャプテンスタッグ ファイアグリルテーブル

なんだかワクワクしてきたぞ!

 

まずは試しに。

届いた焚火台とトラインを組み立てて見ることにした。

焚火台の箱に入っていた中身はコレだけ。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

簡単な説明書が付いていたが、見なくても感覚的に組み立て方がわかるほどシンプルな作り。

 

足になるスタンドは広げるだけ。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

パッと見は心配になるほど華奢な作りだが、そこそこ太いステンレスなので思いのほかガッチリしそうな感じ。

 

焚火台のメイン部分も広げてスタンドに載せるだけ。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

思ったより薄いステンレス製なので高温になったら歪みそうだなぁ…。

ちょっと心配。

 

そこに形を合わせながら底板をはめ込む。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

 

ステンレスの網を入れる。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

コレに炭やら薪やらを載せるっぽい。

 

最後にバーベキュー網。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ

ほう。

組み上がりを見るとそれほど華奢な感じは受けない。

 

今回は用意してないからできないけど、実際に火を入れたらどうなるんだろう?

 

トラインポッドという三脚。

次に一緒に買ったトラインを試して見る。

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

 

基本的にはただの三脚なので、部品もコレだけ。

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

 

組み立て方も間違えようがない。

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

 

上部には広がりすぎないようにストッパーが付いている。

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

 

最上部はこんな感じ。

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

ここに自在カギの付いたチェーンをうまいこと引っ掛けるわけだ。

 

焚火台と組み合わせるといい感じに囲炉裏感が出てくる。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ(焚火台)

なるほど。ダッチオーブンが欲しくなる。

 

そしてファイアグリルテーブルの出番。

ただ広げるだけの簡単なもの。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ(焚火台)

でもサイズをみて思った。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ(焚火台)

今回いっしょに買ったトラインとの併用ができない…。
しまった。

あの囲炉裏感は捨てがたいが、肉を焼く時トラインには別の役割を持たせよう。

※あとで気が付いたがロゴスから発売されている囲炉裏テーブルとクワトロポッドのセットだとメチャクチャ囲炉裏になる。

…高いけど。

 

まぁ、コレで準備はOK!

あとは休みと天気の都合と懐具合の都合だな!

 

ちなみに片付け。

焚火台とトラインは専用のキャリーバッグにしまって片付け完了。

キャプテンスタッグ バーベキューコンロ(焚火台)

キャプテンスタッグ トライポッド(三脚)

焚火台は折りたたむとペタペタになる。

厚さがなく、けっこう軽い。

 

なるほどコレなら持ち運びもラクラクだな。

 

てか肉のことよりダッチオーブンが気になりだした…。

 

広告
 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。