電気スタンド Amazon で買った!

デスクランプ デスクライト 卓上ライト 電気スタンド

照明の位置が悪いので新しく 電気スタンド を買った


なんで 電気スタンド ?

まず、 電気スタンド 、デスクランプ、デスクライト、卓上ライトと呼び方は様々だが、箱に大きく「LED DESK LAMP」と表記されているので、動画では「デスク・ランプ」として紹介しています。しかし、今回ブログ上では「電気スタンド」と統一して話を進めることにしてます。

デスクランプ デスクライト 卓上ライト 電気スタンド

今回、電気スタンドを買うきっかけになったのは、とにかく「暗い」ということ。

机に照明がないため、夜になると手元が暗くてしかたないので、電気スタンドを買うことにした。普段、頻繁に買い換えるものでもないので機能やデザイン、価格など慎重に選びたい。

…っと言っても何を選んだらよいものやら。

 

電気スタンドの種類

電気スタンドには、大きく分けて以下の3種類ある。

  • 「電球」を使うもの
  • 「蛍光灯」をつかうもの
  • 「LED」をつかうもの

今まで使ったことがある電気スタンドは、電球と蛍光灯を使うもの。ということで、今回は試しにLEDを選んで見ることにした。LEDのメリットは低消費電力で低発熱性、長寿命といった特徴を持つ。しかし一方で、高輝度のLED照明は人体に有害とされるブルーライトを含むと言われているため、その影響を低減したもを選びたいと思う。

調べて見ると、目へのストレスを軽減させるのに色温度を変えるだけでも有効らしい。

色温度について、蛍光灯では「電球色(3000 K)」「温白色(3500 K)」「白色( 4200 K)」「昼白色( 5000 K)」「昼光色( 6500 K)」に分類されている。蛍光灯のパッケージをよく見ると、確かに「電球色」とか「昼光色」とか書かれている。

蛍光灯

色温度は昼光色の白い光より、電球色の暖色のほうが目など人体にかかるストレスを軽減できるとのこと。LEDが作り出す光でも同様で、電球色の方が目に優しい。最近のパソコンやスマートフォン、タブレットでもソフトウェアで色温度を調整できるようになったのがその理由らしい。

参考:ブルーライト研究所「ブルーライトとは」

そこで、LEDでも電球色を再現できる電気スタンドがないか Amazon で探してみた。

 

けっこうあるぞ! LED 電気スタンド

探して見るとけっこう種類があるもんです。参考までにAmazon の検索ウィジットを貼ってみましたが、軽く3,000件以上ヒットしました。

余計に迷いましたが、スタイリッシュなものが欲しかったので、一つずつ見た目で絞り込みをかけて行きました。そうやって目に留まったのが「TaoTronicsアルミ製電気スタンド」。シンプルな見た目が気に入りました。価格も2,999円とお手頃だったため、躊躇せずすぐに購入しました。ほぼ衝動買いですね。

 

届いた電気スタンドは?

Made in China ですが、とってもキレイなアルミニウム製のデスクライト。おしゃれなインテリアや最新のデジタル家電などとの相性が良さげな、どことなくApple製品を思い起こさせるスタイリッシュなデザイン。アームも程よい抵抗感があり、それでいて操作が自由自在。スイッチコントロールは一目瞭然のタッチ式。場所を覚えるまでは若干戸惑ったものの、慣れると直感的に使えます。

電気スタンドを選ぶ時に、いちばん気にかけた「照度」と「色温度」はいずれも調整可能。照度の調整はスイッチを兼ねた土台をタッチして調整。色温度はランプアームをタッチし、2700K-6500Kの間で快適な色温度を設定することができる。また、本製品の明るさと色温度の最大値、最小値は「ブルっ」という振動が教えてくれる。

LEDライトには反射板があり、均一でより自然な光源が再現されており、チカチカするフリッカーがなく目に優しい作りになっている。長時間で使用しても、従来の照明タイプより目の疲労が少ない。

何より、最後に登録した明るさと色温度で点灯するメモリー機能が搭載されているため、気に入った設定のまま使い続けることができる。

お値段以上だなぁ。

レビューの中には「すぐに壊れた」「使い物にならない」というレビューもあったが、工業製品に「当たりハズレ」はつきもの。僕が買ったものは普通に使い続けられている。

明るさも十分なので、目の疲れがきになる人や新しく電気スタンドを買い換えようと思っている人にはオススメの電気スタンドです。

 

LED デスクライト 【国内正規品】
TaoTronicsアルミ製電気スタンド 卓上スタンド
目に優しいタッチセンサータッチコントロール式 2700-6500K色温度調整可能 TT-DL20

Amazonで見てみる

広告
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。